年齢制限はありますか?

GUM05_CL02013失礼な話ですよね!

出会い系サイトでも年齢制限あるなんて聞いてません!なんて怒らずに聞いてください。

私も最初聞いて時はエッと思いましたが、それは今考えると自分の年齢を気にし過ぎていたせいかも知れません。

 

別に年齢がいっている訳では全然無いのですが、気持ちに余裕が無いと少しのことに反応してしまいます。

うーん、やっぱりそろそろ落ち着いてもいいかなとは思ってしまいます。

そうそう、出会い系サイトの年齢制限は18歳未満は登録出来ない、というものでした。上限は無制限です、というのもなんなんですけど。

 

それはトラブル対策です

Customer service woman pointing up with a smile in headset今でも出会い系サイトに関わるトラブルはたまにネットのニュースに出てるのを見ます。

それでも数年前に比べればトラブルは相当少なくなっているとも聞いてます。

 

それは一つには法律的な対応が行われたことも大きいようです。

それが年齢制限「出会い系サイトには18歳未満の人は登録できない」というものです。

登録時に免許証や学生証などで自分の年令を証明する手続きが必要です。

逆に言うと、登録時に年齢確認しないような出会い系サイトは悪質なサイトの可能性があるので登録(利用)は止めたほうがいいでしょう。

 

トラブルの内容

出会い系サイトは、これまで18歳未満との援助交際を前提とした出会いの場として悪用されることが多くありました。

それは社会問題となり当局から規制を受けることになりました。出会い系サイト規制法です。

平成15年9月に施行されたこの法律は18歳未満の児童を誘因する行為を禁止することが規定されていましたが、サイトに登録する際の年齢確認は自己申告であったため、援助交際そのものの減少には繋がりませんでした。

そのため平成20年12月1日には出会い系サイト規制法が改正されています。

出会い系サイトの運営事業者に対して、登録者が18歳未満でないことを公的な書類の提出をもって事前に確認することが義務付けられることになりました。

出会い系サイトにおける年齢制限/年齢確認とは、このことです。

 

年齢確認方法

それでは具体的にどうやって年齢確認をするのでしょうか。

公的な証明が必要なんです。実際には他にもいろいろありますが、一般的なものとしては以下です。どれか一点あればOKです。

  • 運転免許証
  • 学生証
  • 住民票(原本)
  • 戸籍抄本
  • 年金手帳
  • パスポート
  • 外国人登録証明書

 

そして準備した書類の画像データを登録画面に送る(アップロード)ことになります。

スキャナプリンタがあればそれで、無ければコンビニ等ででUSBメモリにコピーして画像データを用意します。

そんなやり方が難しいなら、コピーの郵送でもOKです。

但し住民票の場合は原本をそのまま郵送します。住民票はコピーすると変な模様が浮き出る不正防止機能があるためです。

クレジットカードでも年齢確認するサイトもあるようです。

クレジットカードは18歳未満は持てない(作れない)ものなんですね。知りませんでした。

これならサイト内の支払い登録も兼ねられるのでいいかも知れません。

 

利用者の年齢層

以前、ある有名出会い系サイトに登録した人の年齢別データを知らせしましたが、今回はちょっとブライダルなイメージがあるサイトのデータです。

出会い系データ_年齢

以前の出会い系サイトデータでは。18歳から24歳が76%と全体の実に3/4を占めていました。

今回のブライダル系ではさすがに雰囲気が変わって、同じ18歳から24歳はわずか8%で、30歳後半以降が今度は約40%となっています。

出会い系サイトといっても、友達募集感覚のサイトもあり今回のようなちょっと真剣サイトもありと、登録に際しては年齢登録以前に、求めている相手の意識も考えてサイト選びをする必要がありそうです。

 

まとめ

手をつなぐ出会い系サイトには年齢制限があります。上限ではありません。18歳未満は利用出来ないという制限です。

それはつまり相手も必ず18歳以上で、身元もハッキリしている人ということになります。

つまり、公的な証明を必要としないサイトは要注意、トラブルの可能性が高いサイトだと思っていいでしょう。

そして出会い系サイトも自分や求めている相手の意識も考えて、友達募集かちょっと大人の真剣な出会いにするかのサイト選びも大切です。

そうすれば、きっとうまくいきます。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ